ノハナショウブ

金沢 晴れ、今日はすっきり晴れそうです。

日曜日、朝の朝刊で記事が載っており、早速行ってきました。新聞によると、加賀沿岸のノハナショウブの自生地は、砂岩の上に土が推積した地層でのため水が地下に染み込まず、一帯が湿地になって生育に適してるそうで、さらにノハナショウブの群生地は、国内で少なく、海外沿いでの自生は見ずらい糸の事でした(笑)

【撮影場 加佐ノ岬:2017年06月18日 E-PL6】

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村

ウィキペディア引用】ノハナショウブ(野花菖蒲、Iris ensata または Iris ensata var. spontanea)は、アヤメ科アヤメ属の多年草。園芸種であるハナショウブ(花菖蒲、I. e. var. ensata)の原種である。

広告を非表示にする