のと鉄道沿線お花見「のとさくら駅」(前編)

金沢 晴れ、いい天気になりそうですが、どこへ行くかは決まってません。

ホーム沿って広がる桜のトンネルの背景は青い七尾湾で、この日は立山連邦も見れました。「能登さくら駅」という愛称で、能登半島でも屈指の桜の名所です(笑)

f:id:k10no3:20190413101709j:plain

f:id:k10no3:20190413105245j:plain

f:id:k10no3:20190413105601j:plain

f:id:k10no3:20190413111004j:plain

f:id:k10no3:20190413110436j:plain

f:id:k10no3:20190413110420j:plain

【撮影場所 穴水町能登鹿島駅:2019年04月13日 OLYMPUS E-M1】

【ウィキペディア引用】能登鹿島駅(のとかしまえき)は石川県鳳珠郡穴水町曽福にある、のと鉄道七尾線の駅である。愛称は「能登さくら駅」で駅名標にも併記してある。ホーム沿いにはソメイヨシノが植えられていて、春の桜のシーズンの際はホームが桜の花に包まれるため。1999年(平成11年)の第一回中部の駅百選に選ばれた。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村


金沢市ランキング

立山連峰を背景にお花見

金沢 曇り、明日は晴れの予報で、どこへ行くか思案中です。

先週は能登へ遠征で、いろいろ撮ってきました。まだまだ桜特集が続きます。この日は、空気が澄んだいい天気で、能登鹿島駅からも「立山連峰」がくっきり見え、雪山を背景にお花見でした(笑)

f:id:k10no3:20190413102232j:plain
【撮影場所 穴水町能登鹿島駅:2019年04月13日 OLYMPUS E-M1】

【ウィキペディア引用】南は、富山県と岐阜県との県境の北ノ俣岳、黒部五郎岳を経て、三俣蓮華岳で、北アルプスの主稜線と合流する。黒部川を隔てて後立山連峰と対峙している。富山平野から望むことのできる北アルプスは大部分が立山連峰である。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村


金沢市ランキング

卯辰山「見晴らし台」でお花見

金沢 曇り、午前中は、雨の予報ですがいまは曇ってます。

ここ2~3年、狙っていた撮影ポイントで、山沿いの方向には、浅野川の沿いの桜とがえっぷちの桜、さらに市街地と雪山。今年はそれなりに撮れたと自画自賛です(笑)

f:id:k10no3:20190413075143j:plain

f:id:k10no3:20190413074703j:plain

f:id:k10no3:20190413074253j:plain

f:id:k10no3:20190413075359j:plain

f:id:k10no3:20190413075030j:plain

f:id:k10no3:20190413075236j:plain

【撮影場所 金沢市卯辰山:2019年04月13日 OLYMPUS E-M1】

kanazawa10no3.hatenablog.com

【ウィキペディア引用】卯辰山(うたつやま)文化、文政年間には青木木米により春日窯が開かれ九谷焼の再興の先駈けとなった。金沢城を見下ろす位置にあることから、江戸時代を通じて庶民の登山が禁止されていたが安政5年に安政の泣き一揆と呼ばれることになる事件が発生し首謀者7人が死罪になっている。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村


金沢市ランキング