「兼六園」洛陽名園記の紅葉

金沢 曇り、久々に晴れの予報ですが、寒いです。

晴れの11月12日の日曜日に、「兼六園」紅葉を見てきました。宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の紅葉です(笑)

IMGP8296

IMGP8324

IMGP8295

IMGP8277

IMGP8287

IMGP8317

IMGP8314

【撮影場所 金沢城:2017年11月12日 PENTAX K-3】

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村

【ウィキペディア引用】兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市にある日本庭園である。国の特別名勝に指定されている。広さは約11.7ヘクタール。
17世紀中期、加賀藩により金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園であり、岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の一つに数えられている。2009年3月16日発売の『ミシュラン観光ガイド』には最高評価の3つ星に選ばれた。兼六園の名は、松平定信が『洛陽名園記』を引用して、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つの景観を兼ね備えていることから命名した。

「金沢城」石垣と紅葉

金沢 雨、週末に続き今週も天気悪く、寒いです。

11月12日の日曜日に、「金沢城」紅葉を見てきました。桜の紅葉がいい感じでした(笑)

IMGP8274

IMGP8231

IMGP8229

IMGP8236

IMGP8248

IMGP8253

IMGP8230

IMGP8259

【撮影場所 金沢城:2017年11月12日 PENTAX K-3】

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村

【ウィキペディア引用】金沢城(かなざわじょう)は、石川県金沢市丸の内にあった日本の城である。江戸時代には加賀藩主前田氏の居城だった。城址は国の史跡に指定されている。金沢平野のほぼ中央を流れる犀川と浅野川とに挟まれた小立野台地の先端に築かれた、戦国時代から江戸時代にかけての梯郭式の平山城である(かつて「尾山」と呼ばれたのもこの地形に因む)。櫓や門に見られる、白漆喰の壁にせん瓦を施した海鼠(なまこ)壁と屋根に白い鉛瓦が葺かれた外観、櫓1重目や塀に付けられた唐破風や入母屋破風の出窓は、金沢城の建築の特徴である。