おかえり祭り

金沢 晴れ、晴天です。仕事は午前中で終え、帰り道に美川の「おかえり祭り」を見てきました。
進軍ラッパの若衆を先頭に、台車(だいぐるま)と呼ばれる曳山13台と神輿が練る。初日は神幸(お旅)、そして二日目は還御(お還り)で、決められた10本の帰り道を毎年順番に通り、10年に一度の年にあたるおかえり筋の家々が贅をきわめて振る舞うことから、おかえり祭りと呼ばれるようになったそうで、台車は三輪で左右の大車輪は1.8mほどもある。武者人形などを飾りつけ、漆塗り、金具細工などを施し、仏壇の街としても有名な美川ならではの豪華なものです。

この祭りは江戸中期頃、美川の港が北前船により栄えた時代に始められたと伝えられています。【撮影場所:美川 撮影日:2012年5月19日 PENTAX K-x