【エヴァンゲリヲンと日本刀展】in金沢(その3)

金沢 晴れ、昨晩の「イカ」釣りは、最低の結果でした。久々に船に乗り疲れだけが残りました(笑)

「エヴァンゲリヲンと日本刀展」in金沢を見てきました。

いろいろ調べて見ると、2012年に「備前長船刀剣博物館」が企画したもので、日本刀とアニメファンの両方を集める盛況な開催状況により長期に渡って巡回展示されてます。金沢に来るのが長かったです(笑)

【撮影場所 石川県立歴史博物館:2018年06月16日 OLYMPUS E-PL6】

【ウィキペディア引用】ヱヴァンゲリヲンと日本刀展(エヴァンゲリオンとにほんとうてん)とは、2012年に備前長船刀剣博物館が企画した、日本刀とアニメ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」のコラボレーション企画。日本刀とアニメファンの両方を集める盛況な開催状況により全国巡回の話が急浮上し、同年年末の三河武士のやかた家康館での開催を皮切りに日本全国の博物館で2017年までの長期に渡り巡回展示した。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村


金沢市ランキング

【エヴァンゲリヲンと日本刀展】in金沢(その2)

金沢 曇り、午後から小雨の予報です。

「エヴァンゲリヲンと日本刀展」in金沢を見てきました。(笑)

会場:石川県立歴史博物館(いしかわ赤レンガミュージアム)
会期:H30/6/8(金)~H30/7/22(日)

エヴァンゲリヲン初号機型 兜
覚醒したエヴァンゲリヲン初号機の頭部を鉄製の兜で表現したもの。

覚醒列勢面
若手人気金工作家が、エヴァンゲリオンが覚醒したときのイメージと古い面頬とイメージをすり合わせて制作。
角以外を硬くてもろい赤銅の一枚板から打ち出した総面の皺のある烈勢面。

【撮影場所 石川県立歴史博物館:2018年06月16日 OLYMPUS E-PL6】

【ウィキペディア引用】聖槍(せいそう、伊: Sacra Lancia、仏: Sainte Lance、独: Heilige Lanze、英: Holy Lance)は、磔刑に処せられた十字架上のイエス・キリストの死を確認するため、わき腹を刺したとされる槍である。イエスの血に触れたものとして尊重されている聖遺物のひとつ。新約聖書の「ヨハネによる福音書」に記述されている(19章34節)。ヨハネ伝の作者は、仮現説論者に対し、この箇所で、イエスが一度死んだことを強調しているとも考えられる。またキリスト受難の象徴でもある。槍を刺したローマ兵の名をとって、「ロンギヌスの槍」(伊:Lancia di Longinus, 仏:lance de Longin, 独:Longinuslanze, 英:Lance of Longinus)とも呼ばれる。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村


金沢市ランキング

【エヴァンゲリヲンと日本刀展】in金沢(その1) 

金沢 晴れ、いい天気になりそうです。

「エヴァンゲリヲンと日本刀展」in金沢を見てきました。「今日の1枚」で、UPしてきましたが、ようやく本編です(笑)


弐号機F型用ATF曲刀刃
エヴァの画集で曲刀を見たとき、刀剣の世界でいう「筑紫薙刀」を連想して制作。筑紫薙刀は現在するものは少ないが、室町時代、九州の戦国大名、大友家が盛んに使用したもので、鉈のように柄をつけるのが特徴である。持ち手の柄巻には昔から使われる籐を使って渋くて、新しい柄を創造。


プログレッシブナイフ・ナイフ形
同時展示している「ロンギヌスの槍」と同様「ダマスカス」を使用。ダマスカスにするために、ステンレス、ニッケル、コバール等を積層したものを数種類用意し、層の方向を変えながら挟みこんだもの。

【撮影場所 石川県立歴史博物館:2018年06月16日 OLYMPUS E-PL6】

【全日本刀匠会HP引用】全国の刀匠たちが挑んだヱヴァンゲリヲンの世界!
作品に登場する槍や刀剣、さらに作品からインスピレーションを受けたオリジナルの一振りなど、刀剣界がその伝統の技を惜しみなく注ぎ、数々の新作刀剣類を製作。「日本刀」と「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の奇跡的なコラボレーション。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村


金沢市ランキング