読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放鷹術(前編)

金沢 晴れ、今日もいい天気になりそうですが、朝夕は冷え込んでます。 

日曜日に、金沢城公園で行われたイベントに行ってきました。菱櫓(ひしやぐら)や橋爪門続櫓(つづきやぐら)からタカを呼び寄せたり、擬似餌を空中でつかませる「振鳩(ふりばと)」などを披露されたのですが、飛行中のものはうまく撮れませんでした(笑)

【撮影場所 金沢城公園:2018年02月26日 PENTAX K-3】

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村

ウィキペディア引用】日本放鷹協会は、江戸、明治、大正、昭和の各時代においては幕府・政府によって保存されてきた諏訪流放鷹術の継承により、鷹匠の育成をはかり、千五百年余の歴史を持ち、日本文化史に少なからぬ影響を与えてきた日本の伝統的放鷹術の保存及び振興をはかり、諏訪流放鷹術の技術と経験を生かし、野生猛禽類の調査・保護・増殖などの研究及び自然環境保全をはかるための事業及び研究を行い、社会に貢献することを目的とする。