読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツール・ド・のと400(後編)

金沢 雨、昨晩はそれなりに降り、このあと、台風の影響が心配です。

第26回目となる「ツール・ド・のと400」のスタート地点で見てきました。17日(土)〜19日(月)まで3日間で能登半島を一周するサイクリング大会で、国内最長距離の大会です。出発地点は石川県立自転車競技場で、1日目は輪島までの120kmを走ります。


【撮影場所 石川県立自転車競技場:2016年09月17日 PENTAX K-x

【撮影場所 石川県立自転車競技場:2016年09月17日 E-PL6】

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村

ウィキペディア引用】能登半島の振興を目的とし、1989年に第1回大会が開催された。 総距離が400キロメートルを超えることから、『ツール・ド・のと400』を大会名としている。 あくまでも交通規則、大会規則を守りながら完走を目指す自転車サイクリング大会だが、3日間とも「出走制限時間制」が設けられ、設定時間内での走行が求められる。このため、コース途中でのリタイヤを余儀なくされる参加者もいて、サブタイトルの「サバイバル・サイクル」の由縁になっている。