加賀万歳

金沢 雨、台風の影響が出始めました。夕方から雨で風も出てきたみたいです。被害が出ないことを祈ってます。
ブログ引越しで過去の記事で面白いもの見つけました。2008年3月20日に金沢駅開業110周年のイベントで行われた加賀万歳の模様を再編集しUPしました。


加賀万歳は、前田利家が現在(げんざい)の福井県武生市(たけふし)を治めていたころ、領民(りょうみん)がお正月のお祝いのため舞(ま)っていたのが、利家が金沢へうつった後も金沢へ来るようになったのが始まりで、400年ほどの歴史があります。 主人である「太夫」と従者である「才蔵」の掛け合いで祝言を謡い舞うものです。太夫は黒漆で固められた小さめのかぶりものである「烏烏帽子」を、才蔵は真っ赤なゆったり目のベレー帽のような「大黒頭巾」をかぶり、紋付き袴に小太鼓を鳴らしながら演じます。