2018年金沢城「放鷹術」(その3)

金沢 曇り、積雪の心配はないのですが、まだまだ2月で、朝晩冷え込んでます。

日曜日金沢城で行われた鷹匠(たかしょう)による放鷹術(ほうようじゅつ)を見てきました。開始前は晴れていたのですが、放鳥時に雪が降り出し雪の降ってる中での飛行中写真は難しいです。何とか何枚か見れるのが撮れてました(笑)

IMGP9769


IMGP9767


IMGP9652


IMGP9761


IMGP9685


IMGP9728

【撮影場所 金沢城:2018年02月18日 PENTAX K-3】

【ウィキペディア引用】日本放鷹協会で認定された鷹匠たちを中心に伝統文化放鷹技術後継者の育成。放鷹技術を活かして希少動物猛禽類の保護育成リハビリ等。人と猛禽類の歴史文化の研究。技術や知識を活かして時代の要請に対応する全ての文化事業、この四つを柱に活動を行っている。 各地で放鷹術の実演会を行い、伝統文化である鷹狩の技術を紹介している。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村

2018年金沢城「放鷹術」(その2)

金沢 雨、雨ですが、ごごから晴れの予報です。

日曜日に鷹匠(たかしょう)による放鷹術(ほうようじゅつ)を見てきました。開始前は晴れており、いろいろ撮れました。晴れたり曇ったりの天気でしたが、それなりにお客さん来られていました。鷹匠の衣装がかっこいいです(笑)

IMGP9461


IMGP9537


IMGP9577


IMGP9588


IMGP9604


IMGP9609

【撮影場所 金沢城:2018年02月18日 PENTAX K-3】

【ウィキペディア引用】鷹狩(たかがり、英: falconry、hawking)は、鷹などの鳥を使った狩猟の一種。鷹野、放鷹とも言う。タカ科のイヌワシ、オオタカ、ハイタカ、およびハヤブサ科のハヤブサ等を訓練し、鳥類や哺乳類(兎・狼・狐など)を捕らえさせ、餌とすりかえる。

こうして鷹を扱う人間は、鷹匠(たかじょう)と呼ばれる。日本語の古語においては鳥狩(とがり)、鷹田、放鷹、鷹野などとも称する。また、鷹を訓練する場所は鷹場(たかば)と称される。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村

2018年金沢城「放鷹術」(その1)

金沢 曇り、日中の気温は7℃まであがり、暖かくなります。

鷹匠(たかしょう)による放鷹術(ほうようじゅつ)を見てきました。1枚目のフクロは、「ベンガルワシミミズク」で愛嬌たっぷりでした(笑)

IMGP9506

IMGP9464

IMGP9481

IMGP9503

IMGP9514

IMGP9471

【撮影場所 金沢城:2018年02月18日 PENTAX K-3】

【鷹匠の庵引用】中央アジアで4000年以上前に発祥したと言われる鷹狩(放鷹)は、人と鷹が協力し合う最も古い伝統猟法の一つです。
 起源については諸説ありますが、日本書紀によれば日本でも4世紀に仁徳天皇によって公的な鷹狩専門の部署が設けられて以降、高貴な人々や徳川将軍家など時の権力者の庇護を得て、途絶えることなく維持され、1650年以上の歴史を紡いできました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村